頻尿とは(頻尿の定義)

日中の起きている時間帯に8回以上、寝ている間に1回でもトイレで起きる場合は頻尿の疑いがあります。

正常 頻尿の疑い 頻尿
日中 4~7回 8~9回 10回以上
夜間 0回 1回 2回以上

一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。

頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされている人もいれば、尿の出が悪いために何度もトイレにいかなければならない人もいます。

頻尿の悩みについては、人に話づらかったり、病院に行くほどの事ではないと思ったりして、症状を放置しがちです。

頻尿の症状を放置させ悪化させると、病院に行っても完全には治らなくなってしまう症状もありますので、早期対策を心がけましょう。

頻尿ラボで人気NO1は…

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

頻尿の原因「7つの原因を知り対策」

頻尿の原因は大きく分けて7種類あります。

頻尿の7つの原因

1.過活動膀胱

2.前立腺肥大症

3.膀胱炎・尿道炎・前立腺炎・間質性膀胱炎

4.残尿が原因となる頻尿

5.加齢による頻尿

6.がんが原因の頻尿

7.心因性の頻尿

頻尿の原因1「過活動膀胱」

過活動膀胱の特徴は、急に尿をしたくなり、トイレに間に合わず漏れてしまうような頻尿です。(切迫性尿失禁)

脳出血・脳梗塞・くも膜下出血などが原因で、脳から膀胱への指令がうまく届かない神経系のトラブルが原因の場合もあります。

また、原因不明の過活動膀胱も女性には多くあります。

★更に詳しくは⇒過活動膀胱の薬・市販薬「過活動膀胱の原因・症状を知り治療する」

頻尿の原因2「前立腺肥大症」

中高年の男性に最もみられる頻尿の原因が前立腺肥大症です。

前立腺が大きくなってしまうことにより、膀胱の出口や尿道を圧迫し、尿が出にくい状況です。

症状としては、尿の出始めが遅くなったり、尿に勢いがなくなったり、トイレに時間がかかったり、尿の切れが悪くなったりします。

★更に詳しくは⇒前立腺肥大症の薬・治療・手術「前立腺肥大症の症状を知り治療する」

頻尿の原因3「膀胱炎・尿道炎・前立腺炎・間質性膀胱炎」

「膀胱炎」「尿道炎」「前立腺炎」と呼ばれる、細菌の感染によって起きる症状です。

細菌感染が原因の頻尿は、排尿時に痛みを感じたり、下腹部痛があったり、尿が濁ったりするのが特徴です。

検査では異常がないのに、この様な症状が起きている場合は、炎症が原因である「間質性膀胱炎」の可能性もあります。

★更に詳しくは⇒膀胱炎の原因・症状・薬「膀胱炎の治し方や病院での検査について」

★更に詳しくは⇒尿道炎の原因・症状・薬「性病・淋病・クラミジアでの尿道の膿と痛み」

★更に詳しくは⇒前立腺炎の症状・原因「急性と慢性前立腺炎の薬での治療とツボ治療」

頻尿の原因4「残尿」

尿を出しきることができない為、膀胱に尿が残ってしまい、その結果トイレが近くなってしまうという頻尿の症状です。

症状は、排尿のときに力まないと出なかったり、尿の出が悪かったり、尿の線が細かったりです。

こういった頻尿の原因は、前立腺肥大症、前立腺がん、尿道狭窄など、尿道の通りが悪くなる病気が関係している可能性が高いです。

★更に詳しくは⇒残尿感(男性・女性)の原因「残尿感・痛みの病名と治療薬について」

頻尿の原因5「加齢」

年齢を重ねることにより、男性も女性も関係なくトイレが近いと感じることはあります。

特にお年寄りでは、夜寝ている時に何度もトイレに起きるといった「夜間頻尿」が多く見られます。

これは、膀胱も年を取ることが関係していて、膀胱が少しずつ硬くなってきて、肝臓をはじめとする内蔵の機能も段々弱まってきます。

こういったことから、尿をたくさん溜めておくことができない、寝ている間に尿を減らすメカニズムが若い時よりうまく機能しない、といった現象が起き頻繁にトイレに行くことになります。

頻尿の原因6「がん」

膀胱がんや前立腺がんが原因で頻尿になることもあります。

症状が出る場合は、前立腺肥大症と同じ様に、尿が出にくい、トイレが近いといったことから始まります。

頻尿の原因7「心因性」

実際に起きている症状が頻尿だけであり、尿が残っている感じや尿を出している時に不快感がない場合は、精神的なものから起こる心因性の頻尿が考えられます。

こういった心因性の頻尿の場合、寝ている時やリラックスしているときには症状はありません。

★更に詳しくは⇒頻尿の原因を7種類に分けて解説|頻尿の原因を知り対策する

夜間頻尿の原因「3つの原因を知り対策」

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。

起きてしまう回数は1回なら夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿です。

寝ている間に作られている尿の量は、日中に比べて少なくなる仕組みがあります。

抗利尿ホルモンという、脳下垂体後葉(のうかすいたいこうよう)から出るホルモンがあり、肝臓で作られる尿を濃くする機能を調整していて、日中は少なく夜寝ている間はたくさん分泌されています。

これが分泌されると、尿は濃縮されて量が減り、分泌が減ると尿はうすくなり量が増えます。

こういったことから、寝ている間は濃い尿が少しずつ作られ、尿意で頻繁に目が覚めることがないのです。

朝起きて、一番最初に出る尿が濃いのはこういったことが理由です。

夜間頻尿の3つの原因

夜間頻尿の原因1:作られる尿の量が増える場合

夜間頻尿の原因2:一回で出る尿の量が少ない場合

夜間頻尿の原因3:睡眠トラブルの場合

夜間頻尿の原因1:作られる尿の量が増える場合

夜間頻尿の最もシンプルな原因として、寝ている間に作られる尿の量が多いってことが挙げられます。

これを「夜間多尿」といい、原因は3つ考えられます。

加齢による夜間頻尿

年をとるにしたがって、心臓や腎臓の機能が低下することにより、全身の活動量が多い昼間は、必要な量の尿を作るところまで力が回らなくなってしまいます。

その結果、活動量が少ない夜間に尿が作られるようになります。

薬による夜間頻尿

服用している薬の影響で、尿の量が増える場合もあります。

高血圧に使われる降圧薬や心臓病に使われる強心剤には、尿の出をよくするはたらきである利尿作用があります。

水分の摂り過ぎによる夜間頻尿

これは、単純にお茶などの水分を摂り過ぎていることが原因で頻尿になっているケースです。

特に自宅に長くいる女性や、高齢者の方々でこのケースは少なくないです。

夜間頻尿の原因2:一回で出る尿の量が少ない場合

1回のトイレで出る尿の量が少なければ、その分何度もトイレに行くことになります。

1回のトイレで出る尿の量が減る理由としては、以下の3つが考えられます。

過活動膀胱による夜間頻尿

過活動膀胱では、膀胱の筋肉の活動が異常に活発になり、尿をためている時に突然トイレに行きたくなったり、我慢が出来なくなったり、しょっちゅうトイレに行きたくなります。

また、過活動膀胱が悪化すると尿漏れを起こしてしまう場合もあります。

残尿が原因の夜間頻尿

前立腺肥大症や糖尿病による神経障害を起こした膀胱では、尿が出しきれない状態になってしまいます。

すると、一回に出せる尿の量が減ってしまうので、その結果トイレに行く回数が増えてしまいます。

膀胱が小さくなったための夜間頻尿

膀胱が小さくなってしまったため、溜めておける尿の量が減り、その結果夜間頻尿になるケースです。

膀胱が小さくなる原因は、病気によって萎縮してしまう場合があります。

夜間頻尿の原因3:睡眠トラブルの場合

本当はトイレに行きたいって訳ではなかったが、目が覚めてしまったのでトイレに行ったことを、夜間頻尿だと思い込んでいる場合があります。

これは、眠りが浅い、夜寝ている間に起きてしまう、といった睡眠トラブルが原因です。

例えば、夜周りがうるさい、寝室が寒いまたは暑い、心配事、ストレスが溜まっているなどありませんでしょうか?

こういったことにより、本人はただ起きてしまっただけなのに、それをトイレに行きたくて起きてしまった、尿意で目が覚めてしまった、と勘違いしてしまうケースです。

★更に詳しくは⇒夜間頻尿の原因は3つある!夜間頻尿の原因を知って対策する

頻尿の対策・治療「薬・体操で改善する」

頻尿の対策・治療方法はいくつかあります。

主な治療方法としては以下の3パターンです。

頻尿の対策・治療

頻尿対策「薬・抗生物質」

頻尿対策「体操・トレーニング」

頻尿対策「手術・電気&磁気治療」

頻尿対策・治療「薬・抗生物質」

頻尿の薬は「抗コリン薬」「抗生物質(抗菌薬)」「膀胱平滑筋弛緩薬」とあります。

それぞれ頻尿の症状が起きてしまった原因により飲む薬が変わってきます。

抗コリン薬

トイレに行くのが間に合わず起こる「切迫性尿失禁」などの頻尿の場合

抗生物質(抗菌薬)

膀胱炎・尿道炎・前立腺炎など、細菌による感染が原因の頻尿の場合

膀胱平滑筋弛緩薬

膀胱の平滑筋に働きかけ筋肉を緩め膀胱にたくさん尿が入るようになります

★更に詳しくは⇒頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法

頻尿対策・改善「体操・トレーニング」

頻尿になる理由として、(1)膀胱が小さくなり尿が溜めれない(2)尿道の締りが悪く漏れてしまう、といった状態があります。

こういった頻尿の原因は、ある程度は体操などのトレーニングで改善することができます。

(1)「膀胱が小さくなり尿が溜めれない」場合

膀胱は伸縮する臓器です。膀胱が小さくなっていると、溜めておける尿の量が少なくなるため、頻尿になります。

膀胱を伸ばす為には、トイレに行きたくなってから何度か我慢をすることにより、膀胱がよく伸びる状態になります。

(2)「尿道の締りが悪く漏れてしまう」場合

女性は特に要注意なのですが、出産をしたり年をとったり女性ホルモンが少なくなったりすることで、骨盤底筋がゆるんでしまいます。

骨盤底筋は膀胱や尿道を支えていますので、これがゆるんでしまうとくしゃみなどの僅かな衝撃でも尿道の締りがゆるんで尿漏れが起きてしまうのです。

骨盤底筋を貫通している「尿道、膣、肛門(男性の場合は、肛門と尿道)」を意識して動かすことにより、尿道の締りも良くなり頻尿の改善に繋がります。

★更に詳しくは⇒頻尿の対策「膀胱の訓練・骨盤底筋の体操で尿道を締める!」

頻尿対策・治療「手術・電気&磁気治療」

男性の場合の頻尿の多くが前立腺肥大症なので前立腺を削る手術、また男女共に膀胱を広げる手術等が挙げられます。

また、手術ではなく膀胱や尿道の神経に、電気や磁気を当て刺激を与えて活性化させ、神経の働きを高めようとする治療もあります。

手術療法「前立腺を削る」

中高年男性に多く見られる前立腺肥大症の場合、尿道から内視鏡を入れて前立腺を削る「経尿道的前立腺切除術(TURIP)」が主流になっています。

手術療法「膀胱を広げる」

膀胱の容量が極端に小さいことが理由で、頻尿や尿漏れになる場合に行われる手術で、回腸や小腸を使って膀胱そのものを大きく作ります。

電気・磁気治療「膀胱や尿道の神経を活性化させる」

頻尿や切迫性尿失禁の中には、排尿をコントロールする神経のトラブルが原因になっている場合があり、膀胱や尿道の神経に電気や磁気を当て刺激を与えて活性化させ、神経の働きを高めようとする治療です。

★更に詳しくは⇒頻尿の対策「薬ではなく手術で排尿トラブルを改善する」

頻尿の改善「病院で行なわれる検査」

頻尿を改善させるため、病院に行くと検査をすることになります。

ここでは大きく分けて2種類の検査方法について紹介したいと思います。

頻尿を改善する為の病院での検査

「気軽に受けれる痛みのない」頻尿の検査

「少しつらいが専門的にみる」頻尿の検査

「気軽に受けれる痛みのない」頻尿の検査

「気軽に受けれる痛みのない」頻尿の検査の流れは以下になります。

「尿検査」⇒「超音波検査」⇒「尿細胞診」⇒「尿流測定」

「少しつらいが専門的にみる」頻尿の検査

「少しつらいが専門的にみる」頻尿の検査の流れは以下になります。

「ウロダイナミクス検査法」⇒「内視鏡検査」

尿検査

尿検査は学校や職場でも経験したことがある人が多いと思いますが、その尿検査と同じものです。

超音波検査

排尿のトラブルで超音波検査をする際は、主に膀胱に残っている尿の量を測定したり、膀胱の中に腫瘍がないかを見たり、腎臓や前立腺の形を見たりするために使われます。

尿細胞診

尿細胞診では、尿の中に出てきた細胞の中にがん細胞がないかどうかを調べます。

尿流測定

尿流測定は、器械に向かって尿をしてもらい、出はじめから終わりまでの尿の量、出すためにかかった時間、途中の尿の勢いなどを調べる検査です。

ウロダイナミクス検査法

ウロダイナミクス検査法は、膀胱や尿道の様子(膀胱への尿のたまり具合・排尿時の尿の出方)を総合的に調べる検査です。

内視鏡検査

膀胱や尿道の健康状態を内視鏡を使って中を見る検査です。

★更に詳しくは⇒頻尿の対策「病院で行なう手軽な検査と専門的な検査」

男性・女性の頻尿「男女の違いを体験談で紹介」

こちらでは、実際に頻尿で悩まれていた方々(現在進行形を含む)に、クラウドソーシングでアンケートを実施した結果を紹介しています。

40歳以上の日本人を対象として行われた調査では、男性では夜間頻尿・昼間頻尿、女性ではそれに加えて腹圧性尿失禁が、最も困る頻尿・尿漏れのトラブルという結果でした。

腹圧性尿失禁とは、おなかに力が入ったときに尿もれしてしまう病気です。

多くの方々が頻尿や尿漏れで悩んでいるにも関わらず、その大半は周りの人どころか医者に相談することもできないまま、密かに悩んでいる状況です。

この結果、外出や旅行などを我慢したり、スポーツから離れたりして、生活のうるおいまでもが奪われてしまっている、悲しい状況になっています。

20代以下の男性・女性の頻尿体験談

頻尿って中高年の方のイメージかもしれませんが、20代でも意外に頻尿で悩んでいる方は多いのです。(特に女性)

★20代の頻尿の体験談⇒頻尿の原因・対策「20代以下の女性・男性」の体験談

30代の男性・女性の頻尿体験談

30代も出産などが切っ掛けで、頻尿の症状に悩まれている女性が多くいる印象を受けました。

★30代の頻尿の体験談⇒頻尿の原因・対策「30代の女性・男性」の体験談

40代の男性・女性の頻尿体験談

40代になると男性の頻尿の悩みも増えてきました。男性は中高年になると前立腺が肥大することが原因だと思われます。

★40代の頻尿の体験談⇒頻尿の原因・対策「40代の女性・男性」の体験談

50代の男性・女性の頻尿体験談

50代になると、今まではトイレが遠かったって方も、トイレが近くなってきたパターンも出てきます。

★50代の頻尿の体験談⇒頻尿の原因・対策「50代の女性・男性」の体験談

60代以上の男性・女性の頻尿体験談

60代以上になると、加齢により頻尿になる人が多いです。その他、飲んでいる薬や生活習慣も大きく関係しています。

★60代の頻尿の体験談⇒頻尿の原因・対策「60代以上の女性・男性」の体験談

頻尿の原因別にした体験談

頻尿になる原因は様々ですが、その原因別にした頻尿の体験談です。

★原因別にした頻尿の体験談⇒頻尿とは!?「頻尿の原因・症状」の10人の頻尿体験者の口コミで解説!

おしっこのメカニズム「膀胱・尿道について」

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について。

私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱までの神経が協調して行っている、レベルの高い行為なのです。

おしっこ(尿)は体のここで作られている

「泌尿器」と聞いたことがあると思いますが、こちらが尿を作り、蓄え、体の外に出すまでの道筋をつかさどっている器官です。

この泌尿器は腎臓・尿管・膀胱・尿道です。

腎臓:尿を作る

尿管:作られた尿を膀胱へ運ぶ管

膀胱:尿を蓄える場所

尿道:膀胱に溜まった尿を体外へ出す管

おしっこ(尿)はどのように体外へ出ていくのか!?

私たちは尿を出したり、溜めたり当たり前の行為としています。

しかし、実はその陰では膀胱の筋肉(排尿筋)と、尿道の筋肉(括約筋)の息の合った連係プレーがあるのです。

尿をためている時

尿をためている時は、膀胱の排尿筋はゆるんでいる状態であり、逆に尿道の括約筋は締まっています。

括約筋は、尿がたまればたまるほど締まっていき、尿が漏れることを防いでくれているのです。

尿を出そうとする時

逆に、尿を出そうとする時は、今まで締まっていた尿道の括約筋は一気にゆるみ、尿道を開きます。

反対に、ずっとゆるみ続けていた膀胱の排尿筋は縮みます。

おしっこ(尿)が出ていく時の脳の働き

尿をタイミング良く出すための作業は、脳から脊髄にかけての神経が大切な働きをしてくれています。

膀胱に100ml~200mlほど尿がたまってくると、膀胱にあるセンサーから脊髄を通って脳にまで伝えます。

これが尿意をもよおすタイミングです。

しかし、ここから私たちはトイレを我慢したりしますね。

この状況は、脳から膀胱へまだ尿を出してはいけないと指令をだし、それを膀胱がしっかりとキャッチしている状況です。

この指令が変わらない限りは、膀胱が縮まることはなく尿をため続け、尿道括約筋のバルブも強く締まります。

しばらくして、私たちがトイレに行くと、脳から「尿をだしていいよ」といった信号が脊髄を通って尿道や膀胱の神経へ伝わります。

すると、膀胱の筋肉が収縮して、尿道の括約筋がゆるみ、思っているタイミングで尿を出すことができるのです。

頻尿の原因と対策のまとめ

頻尿の定義としては、日中に8回、夜間に1回以上トイレに行くことを言います。

自分が頻尿かどうか分からない場合には、頻尿の度合をチェックすることが出来る「頻尿のチェック -問診票-」をご活用ください。

頻尿のチェック -問診票-

0点 1点 2点
朝、起きてから寝るまでに何回排尿をしましたか? 7回以下 8~10回 11回以上
夜、寝てから起きるまでに何回尿をするために起きましたか? 0~1回 2回 3回以上

続いて、以下の症状があったかご確認ください。

0点 1点 2点
急に尿がしたくなり、我慢が難しい なし 時々 毎回
我慢できずに、尿が漏れる なし 時々 毎回
咳や歩くときに、尿が漏れる なし 時々 毎回
尿の勢いが弱い なし 時々 毎回
膀胱・尿道に痛みや不快感がある なし 時々 毎回
尿をする時に力を入れる なし 時々 毎回
尿をした後、残尿感がある なし 時々 毎回

続きまして、生活の質についての質問です。

0点 1点 2点 3点 4点 5点 6点
現在の状況がずっと続くとしたらどう思いますか? とても満足 満足 ほぼ満足 どちらもでない やや不満 不満 とても不満

★頻尿のチェック -問診票- の続き⇒頻尿は男性・女性・年齢は関係なく起きる|頻尿レベルをチェックする

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

更新日:

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.