頻尿の原因 頻尿の改善への豆知識

我慢しないおしっこ習慣は頻尿の原因?「膀胱のキャパが狭くなる」

更新日:

間違えたおしっこの習慣がついていると、頻尿の症状が大人になって出てくるケースは多いです。

でも、正しいおしっこってどんなこと?とも思いますね。

正しいおしっこ習慣を意識していけば、頻尿で悩まされることが少なくなります。

頻尿の悩みは現代病

頻尿の悩みで泌尿器科や内科を訪れる人は、いま非常に増えてきています。

これは以前より頻尿の悩みで悩んでいる方々が、ネットの普及なども関係して目立ってきているので「自分だけではない!」と思えて、泌尿器科にいく抵抗が減ってきているってことが理由でもあるかもしれません。

しかし、一方では頻尿や尿漏れや排尿時の不快感といった症状を持つ方々が増えているってことも事実です。

頻尿・尿漏れの悩みは現代病とも言え、このストレス社会では「もらしてはいけない」「仕事や遊びの途中でトイレに行きたくなったら困る」「おしっこは我慢したら体に悪い」といった、おしっこに関する強迫観念が日々あります。

こういった思いが頻尿症状などに大きく関係しているのです。

小さいころからのおしっこ習慣を思い出してみる

小さいころ、出かける前などお母さんに「今のうちにトイレに行ってきなさい!」って言われたことがある人は多いと思います。

実はこういったことも頻尿に関係しているのです。

出かける前、寝る前、どこかに入る前などに「今のうちにおしっこをしておかなきゃ!」って気持ちを皆さんお持ちだと思います。

小さいころなら、こういった状況の前にお母さんに「〇〇ちゃん、ちょっとでもいいから全部おしっこしておきなさい!」なんて言われた経験もあるかと思います。

こういったことにより、私たちは無意識に「おしっこをするタイミングを見計らう」ってことをしているのです。

会議の前などに念のためおしっこをしておこう。って思ったりもしますよね。

こういったことにより、どうなるのか?

それは、膀胱(おしっこをためている臓器)のキャパシティがどんどん小さくなるってことが起きるのです。

おしっこは我慢すれば膀胱のキャパが大きくなる

本来おしっこはちょっと我慢してから都合の良いタイミングで行くもので、こういった感覚を身に着けることは大切です。

しかし、ここまでにお話したように「この後におしっこしたくなったらまずい」って思う強迫観念から、まだ我慢ができる状態でもおしっこに行く習慣が皆さん大なり小なりついていると思います。

こういったことから早めにトイレに行ってしまうので、膀胱のトレーニングができないまま大人になっていってしまいます。

その結果、その人にとってのおしっこ習慣は、いつもふんばって、いきんで、頑張って、膀胱にたまった少しのおしっこを無理やり出す感じになります。

通常、おしっこはだんだんとでて次第に勢いが強くなっていき、ピーク時を迎えるとだんだんと勢いが弱くなるものです。

いきんでいるとこういった山なりの流れがなくなり、強くなったり弱くなったりを繰り返してしまいます。

このことは『頻尿の原因は普段の排尿習慣が関係している?「正しい排尿習慣」とは』でも詳しくお話をしております。

おしっこの習慣とは、とてもパーソナルなことなので、間違えた習慣を身に着けていても治す機会はほとんどありません。

膀胱のキャパが小さくなればなるほど、少量のおしっこでもトイレに行きたくなり、それが頻尿の症状となっていくケースは多いです。

まずは、少しでいいのでおしっこを我慢するようにして、膀胱のキャパを大きくしていくことを意識しましょう。

頻尿の原因は自律神経や精神的な部分に関係してる

頻尿の症状(おしっこがしたいといった感覚)は、自律神経や精神的な部分に深く関係しています。

不安感・緊張感といった心理を結びついていて、まだ膀胱にはおしっこがたまる余裕があるのに、敏感に尿意を感じてしまいトイレに行く人は少なくありません。

この習慣がエスカレートしていくと、帰宅してドアノブをつかんだ瞬間に猛烈におしっこがしたくなって我慢ができず尿漏れを起こしてしまうケースもあります。

こういった症状を過活動膀胱と言われていて、過活動膀胱は頻尿の原因としてとても多い病気なのですが、明確な原因がまだわかっていない部分も多い病気です。

今回お話したように、おしっこがしたくなってからも少し我慢する。

こういったことを習慣付けていることにより、過活動膀胱になるケースも減ってくると思います。

まずは、普段のおしっこの習慣を変えることから、頻尿の対策を行っていくことも必要です。

加齢とともに現れる病気による頻尿

おしっこの習慣が正しいからと言って、必ず頻尿にならない!ってことではありません。

おしっこの習慣が正しくないと、膀胱や尿道にストレスを与えます。

若いうちはそういったストレスに耐えられる余裕がありますので、こういった習慣を続けていても頻尿の症状が起きないってことも多いです。

しかし、こういった間違えたおしっこの習慣を続けていると、50代60代になったころに膀胱や尿道、男性では前立腺といった臓器の老化が早く進みます。

そして、おしっこトラブルがいろいろと出てきてしまいます。

例えば、前立腺が肥大しても、ずっと正しいおしっこ習慣を続けてきた人には頻尿の悩みがないってケースが多いのです。

これはおしっこの習慣が正しかったので、排尿の仕組みが障害を受けていないからです。

また、泌尿器科系の疾患にもかかりにくくなっています。

こういった頻尿の原因となる病気は、薬や手術で治すことも可能ではありますが、正しいおしっこ習慣にすることが頻尿の根本的治療になることが多いので、こういった考え方を少しずつつけていくことが必要ですね。

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

おすすめ記事

1

正常 頻尿の疑い 頻尿 日中 4~7回 8~9回 10回以上 夜間 0回 1回 2回以上 一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。 頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされてい ...

2

頻尿といっても、その原因については大きく分けて7種類ほどあります。 膀胱が勝手に収縮する頻尿 細菌感染が原因の頻尿 炎症が原因の頻尿 残尿が原因の頻尿 心因性の頻尿 年をとり起こる頻尿 ガンが原因の頻 ...

3

頻尿とは、尿が近くなってトイレの回数が増えている状態をいいます。 日中8回以上トイレに行くようであれば昼間頻尿の疑いがあり、10回以上なら確実に昼間頻尿です。 また、夜中に1回でもトイレに行くために起 ...

4

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。 起きてしまう回数は1回なら、夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿と言われています。 今回は、なぜ起きている時 ...

5

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬(薬剤)が使われています。 こちらでは、頻尿の治療に使われる主要な薬を紹介したいと思います。 主な頻尿の薬 抗コリン薬 抗生物質(抗菌薬) 膀胱平滑筋弛緩薬 ...

6

頻尿になると、すぐトイレに行く癖ができてしまい、膀胱に少し尿がたまっただけで排尿してしまいます。 この行為により、膀胱に尿がたまる時間がなくなるため、膀胱自体が段々と小さくなってしまいます。 膀胱は伸 ...

7

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。 手術以外での頻尿の対策 頻尿の薬での対策 『頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法』 頻尿の体操での対策 ...

8

自分が頻尿だと思っても、病院での診察はなんだか恥ずかしい。。って気持ちで病院に行けないケースは多いです。 そもそも頻尿で病院に行くと、どのような検査をするのかも分からない場合が多いと思います。 今回は ...

9

「頻尿」と聞くと、年齢を重ねた女性に多い症状の様に感じるかもしれません。 しかし、頻尿は年齢・性別に関係なく誰にでも起こりうることであり、実際に若い男性や女性も頻尿に悩んでいます。 今回は、頻尿・尿漏 ...

10

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について今回はお話したいと思います。 私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱 ...

-頻尿の原因, 頻尿の改善への豆知識
-, , , , , , , , ,

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.