頻尿の原因 頻尿の薬・サプリ

膀胱炎の原因・症状・薬「膀胱炎の治し方や病院での検査について」

投稿日:

急に頻尿になる原因として最も多いのが「膀胱炎・尿道炎・前立腺炎」と呼ばれる病気です。

これらの病気は細菌の感染によって起きます。

今回は「膀胱炎」についてフォーカスしてお話していきます。

膀胱炎の症状

膀胱炎は20歳~40歳の女性の25%~35%が経験している病気です。

膀胱に細菌が感染すると強い尿意が起こり、トイレが近くなって、ときには思わず尿が漏れてしまうこともあります。

膀胱炎が原因の頻尿の症状

頻尿(尿の回数が増える)

排尿痛(排尿時の痛み)

下腹部痛

尿が濁る

残尿感

女性は男性と比べて尿道が短く(男性:20cm~25cm、女性:3cm~5cm)また、肛門や腟が尿道から近いので細菌が侵入しやすいので、膀胱炎は女性に起こりやすい病気です。

また、膀胱炎には「急性膀胱炎」「慢性膀胱炎」「出血性膀胱炎」「間質性膀胱炎」とあります。

急性の膀胱炎

急性の膀胱炎の場合、軽症であればトイレが近くなる、尿を出したあともまだ残っている感じがする、といった症状ですみます。

炎症が強い場合、排尿時の痛みだけでなく腰痛を伴うことや、尿がはっきりと濁り血尿が出ることもあります。

慢性の膀胱炎

細菌感染によって膀胱が長期間炎症を起こし、なかなか完全に治らない状態を「慢性膀胱炎」と言います。

出血性膀胱炎

膀胱炎のなかでも、排尿時に血が混じる症状があるのが、出血性膀胱炎です。

出血性膀胱炎は癌患者へのシクロホスファミドまたはイホスファミド投与、あるいは放射線治療の合併症で最も多く発生するが、ウイルス感染症の結果として小児にも生じることがあります。

間質性膀胱炎

検査では異常がないと言われたのに、頻尿や膀胱の痛みが続く場合に考えられるのが、間質性膀胱炎です。

尿をしたくなって我慢するときの感じが、漏れてしまうというよりも痛みに近いのが間質性膀胱炎の特徴です。

腎盂腎炎

腰痛が強いときや熱がある場合、腎盂腎炎という病気も併発している可能性が考えられます。

腎盂腎炎も細菌感染を原因とする病気で、細菌が腎盂や腎臓に広がって炎症を起こしています。

膀胱炎の原因

膀胱炎は尿道口から大腸菌などの細菌が侵入して起こります。

細菌が侵入してくる要因

長時間トイレの我慢

風邪や過労などによる抵抗力の低下

性行為・妊娠

ストレスなど

尿道に細菌が侵入すると、増殖を抑えられずに、膀胱の粘膜に炎症を起こします。これが膀胱炎です。

急性膀胱炎の原因菌は、大腸菌が70~95%を占めます。

他に、ブドウ球菌属、プロテウス、肺炎桿菌属、腸球菌属などの細菌が認められています。

10~15%の症例では一般検査で一般の細菌が証明されないこともあり、クラミジア、ウレアプラズマ、マイコプラズマなどの関与も考えられています。

参考膀胱炎 治療法ガイドライン 標準医療情報センター

膀胱炎の薬での治し方

急性膀胱炎の26%は、2週間以内に自然に治癒するともいわれており、抗菌剤の内服は短期間で十分と思われます。
第一選択 第二選択
若年女性の
膀胱炎
単回投与法 一部のニューキノロン系薬
3日間投与法 ニューキノロン系薬 ST合剤
7日間投与法 新経口セフェム系薬
再発性膀胱炎 ニューキノロン系薬
(3日間投与)
セフェム系薬(経口薬)
(7日間投与)
閉経後の婦人の膀胱炎 ニューキノロン系薬
(3日間投与)
セフェム系薬(経口薬)
(7日間投与)

多くの場合、抗生物質を服用することで短期間に治ります。

その際、安静を保つ、水分を多めにとる、刺激物を避けた食事をとる、といった注意も必要です。

欧米では、ST合剤やサルファ剤などの薬剤が第一選択の薬として推奨されています。

しかし、日本ではこれらの薬剤には使用制限があり、第二選択の薬剤になっています。

ペニシリン系薬や第一世代セフェム系薬による短期間の治療では、膣や腸内に残存した大腸菌によって早期の再感染が起こることがあります。

その一方で、ニューキノロン系薬や新経口セフェム系薬は良い効果が知られており、勧められる薬剤です。

膀胱炎の市販薬

メテナミン1g

メンテナミンは尿と膀胱の中の細菌に対して効果を発揮する抗感染薬です。

尿中に存在する細菌に毒性を発揮し殺菌作用があります。

おもに、膀胱炎、盂腎炎などの尿路感染症に使用されます。

⇒メテナミン1gの購入はこちら

症状 膀胱炎・盂腎炎などの尿路感染症
価格 1,336円
容量 1箱28錠
対象 男女兼用

膀胱炎による血尿

血尿は、尿に血が混じっている状態です。腎臓で作られた尿は、膀胱、尿道を通って排尿されます。

つまり、血尿が出ている状態は、これらの泌尿器のどこかで炎症などのトラブルが起こっていると考えられます。

こういった血尿がでる病気で多いとされているのが膀胱炎です。

そもそも膀胱とは、尿管から流れてきた尿が溜まる場所です。

膀胱は、袋の形をしていて内側は水を通さないように粘膜で覆われていて、外側は排尿筋と呼ばれる筋肉がぐるりと取り巻いています。

この排尿筋は、尿がたまってくる間はゆるんでいますので、袋が広がりたくさんの尿を受け入れることができるのです。

この膀胱の内側で、細菌感染をして炎症を起こし、炎症により粘膜が傷つき出血している状態が、膀胱炎による血尿です。

血がでるぐらい傷ついている状況なので、軽度の膀胱炎とは言えません。

膀胱炎は何科?病院での検査

膀胱炎の症状がある時に行く病院は泌尿器科、婦人科、内科がよいでしょう。

膀胱炎は多くの人が経験している病気なので、基本上記病院なら対応してもらえるはずです。

しかし、膀胱炎も慢性膀胱炎だったり、出血性膀胱炎だったり、頻尿の悩みもあったり、他の病気の可能性もある場合は、専門的に見てもらえるのは泌尿器科です。

専門医を見つけたい場合は、以下のサイトが役立ちます。

参考日本泌尿器科学会-The Japanese Urological Association (JUA) - 認定専門医一覧

病院に行くとまずは問診です。

その後、膀胱炎の疑いがあるとなれば、尿検査をするのがよくある流れです。

尿検査は、トイレで紙コップなどに採尿して尿検査を行います。(尿道から管を入れて尿を採る病院もまれにあるようです)

尿の検査で膿尿(尿の中の白血球)、細菌尿(尿の中の細菌)が見つかれば、急性膀胱炎と診断できます。

間質性膀胱炎の症状「検査で異常がない場合」

ここまでに膀胱炎の全体像についてお話していましたが、検査では異常がないと言われたのに、膀胱炎っぽい症状や頻尿を伴う際には、間質性膀胱炎の疑いがあります。

間質性膀胱炎は先ほども少し触れましたが、尿をしたくなって我慢するときの感じが、漏れてしまうというよりも痛みに近いのが間質性膀胱炎の特徴です。

尿を出すときよりも、尿がたまっているときに痛みを感じます。

時には日常生活に支障をきたすほどの強い痛みを起こすこともあります。

痛みがない程度の間質性膀胱炎の場合は、頻尿が主な症状になります。

この症状は過活動膀胱と区別が付きにくいのです。

参考過活動膀胱の薬・市販薬「過活動膀胱の原因・症状を知り治療する」

この2つの違いをあえて言うなら、間質性膀胱炎の場合は、尿が少ししかたまっていなくても不快感があり、尿をしてもしばらくすっきりしません。

過活動膀胱の場合は、尿が漏れそうな感じが急にしてくるのですが、尿をした後はすっきりしています。

間質性膀胱炎の原因

間質性膀胱炎の炎症は、他の膀胱炎と違い細菌が原因ではありません。

膀胱の粘膜に異常が起こり、炎症が深部に波及するためというはなしが有力ですが、現時点では明確な原因は分かっていません。

間質性膀胱炎の治療

間質性膀胱炎は完全に治すことは難しいものの、抗アレルギー薬などの、可能性のある治療法もいくつか出てきています。

しかし、間質性膀胱炎の治療には保険のきく治療法がないこともあり、泌尿器科で診察を受けても十分に対応してもらえないこともあると言われています。

こういった場合、先ほど紹介させていただいた専門医のいる病院で検査してもらうのがおすすめです。

間質性膀胱炎のブログ

間質性膀胱炎の患者さんの会である「ともの樹」といったサイトがありましたが、現在は閉鎖されています。

閉鎖されていますが、情報をフォロー版として残してくれているので、見てみるのもよいかと思います。

参考間質性膀胱炎の患者さんの会「ともの樹」

膀胱炎の治療後の予防

膀胱炎は基本的には、尿道口から大腸菌などの細菌が侵入して起こります。

このことを理解した上で以下の事に気を付けて膀胱炎の予防をしましょう。

膀胱炎の予防

トイレを我慢しすぎない(ある程度の我慢は問題ありません)

毎日水分を多めにとる(1日数回しかトイレに行かない人は要注意)

陰部を清潔に保つ(ウォシュレットは良いがビデの使い過ぎは逆効果です)

性行為の後は早めに排尿する(性行為時に尿道から菌が入ることがあります)

下半身を冷やさないようにする

体調管理を気を付ける(ストレス・疲れ・風邪などで細菌感染しやすくなる)

欧米ではクランベリージュースが膀胱炎の予防によいと言われている

※陰部を清潔にするって部分についてですが、日常生活での排尿・排便後は前から後ろに向けて拭きましょう。

膀胱炎の原因・症状・薬のまとめ

膀胱炎とは、頻尿や尿意切迫感意外に尿をためているときの膀胱痛などの症状が特徴の病気です。

膀胱炎の原因は、尿道口から大腸菌などの細菌が侵入して起こるため、男性(尿道:20cm~25cm)より女性(尿道:3cm~5cm)のが尿道が短いので多くみられます。

膀胱炎には、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、出血性膀胱炎、間質性膀胱炎とありました。

大体の膀胱炎は正しい治療を行えば数日で治るものとされていますが、慢性膀胱炎になってしまうと完全に治るのは難しくなってきます。

また、大腸菌などの細菌感染ではない膀胱炎が、間質性膀胱炎でした。

間質性膀胱炎の場合は、原因があまりわかっていない部分もあります。

膀胱炎にならないためにも、再発しないためにも「膀胱炎の予防」に記載した項目を意識して、日々の生活をおくってみてください。

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

おすすめ記事

1

正常 頻尿の疑い 頻尿 日中 4~7回 8~9回 10回以上 夜間 0回 1回 2回以上 一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。 頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされてい ...

2

頻尿といっても、その原因については大きく分けて7種類ほどあります。 膀胱が勝手に収縮する頻尿 細菌感染が原因の頻尿 炎症が原因の頻尿 残尿が原因の頻尿 心因性の頻尿 年をとり起こる頻尿 ガンが原因の頻 ...

3

頻尿とは、尿が近くなってトイレの回数が増えている状態をいいます。 日中8回以上トイレに行くようであれば昼間頻尿の疑いがあり、10回以上なら確実に昼間頻尿です。 また、夜中に1回でもトイレに行くために起 ...

4

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。 起きてしまう回数は1回なら、夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿と言われています。 今回は、なぜ起きている時 ...

5

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬(薬剤)が使われています。 こちらでは、頻尿の治療に使われる主要な薬を紹介したいと思います。 主な頻尿の薬 抗コリン薬 抗生物質(抗菌薬) 膀胱平滑筋弛緩薬 ...

6

頻尿になると、すぐトイレに行く癖ができてしまい、膀胱に少し尿がたまっただけで排尿してしまいます。 この行為により、膀胱に尿がたまる時間がなくなるため、膀胱自体が段々と小さくなってしまいます。 膀胱は伸 ...

7

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。 手術以外での頻尿の対策 頻尿の薬での対策 『頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法』 頻尿の体操での対策 ...

8

自分が頻尿だと思っても、病院での診察はなんだか恥ずかしい。。って気持ちで病院に行けないケースは多いです。 そもそも頻尿で病院に行くと、どのような検査をするのかも分からない場合が多いと思います。 今回は ...

9

「頻尿」と聞くと、年齢を重ねた女性に多い症状の様に感じるかもしれません。 しかし、頻尿は年齢・性別に関係なく誰にでも起こりうることであり、実際に若い男性や女性も頻尿に悩んでいます。 今回は、頻尿・尿漏 ...

10

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について今回はお話したいと思います。 私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱 ...

-頻尿の原因, 頻尿の薬・サプリ
-, ,

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.