頻尿の原因 頻尿の改善への豆知識

頻尿の原因は普段の排尿習慣が関係している?「正しい排尿習慣」とは

更新日:

「頻尿」と聞くと高齢者の方が悩んでいる病気に感じがちです。

しかし、実際は小学生や中学・高校・大学生、会社員やOL、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんと、、

いろいろな世代で頻尿について悩まれています。

肩こりや腰痛のように簡単に相談できる症状ではない分、自分自身で現在の頻尿の症状を理解することが必要です。

まずは自分が頻尿であると感じること

泌尿器科に相談しに行けない人の中で「こんなおしっこの恥ずかしい症状は自分だけなのではないか。。」と考えて神経質になっている方は意外に多いものです。

最近では、神経因性膀胱や過活動膀胱といった疾患としての排尿障害が増えていて、悩んでいる人は少なくありません。

生死にかかわる問題ではありませんが、生活をしていく上ではたいへん不快になる問題です。

実は頻尿で悩むのは人間だけ

排尿は生命に欠かせない重要な営みですので、人間だけでなく動物もみんなおしっこをします。

生き物に備わった当たり前の自然の行為ですが、なぜ人間だけ頻尿といった悩みが生まれるのでしょうか。

女性の場合ですと「過活動膀胱」「膀胱炎」、男性の場合ですと「前立腺肥大症」といった病気が関係しているケースが多いです。

でも、実際はこういった病気とは無関係に頻尿で悩んでいる方も非常に多いのです。

例えば、前立せん肥大症による頻尿の場合、薬や簡単な手術により比較的よく治る病気です。

しかし、手術をして前立腺肥大症は解決したのにも関わらず「やっぱりおしっこが出にくいんです。。」って言っている人もいます。

また、逆に前立腺肥大症がかなり進行しているものの「おしっこはちょっとだけ出にくい感じがします」って言っている人もいます。

こういったことからわかることとしては「頻尿」とは今までの自分の排尿習慣により変わってくるってことですね。

頻尿の原因はおしっこの不自然な習慣によることが多い

頻尿は上記の様に病気が関係しているケースが多いものの、病気が改善しても頻尿症状で悩まれている方もいれば、病気が進行していても頻尿症状をあまり感じていない方もいらっしゃいました。

この原因は個人のおしっこの習慣によるものだと思われます。

頻尿に関する病気はいろいろとあるものの、病気が解決しても頻尿症状に悩まされている人も多くいます。

こういったことから考えられていることが「排尿の不自然な習慣」ってことが挙げられます。

物心つくころから、排尿の習慣が不自然だった場合、それを何十年と繰り返しているので自分にとっては自然なものと感じがちです。

自分が頻尿だ!と気づいたきっかけは、前立腺肥大症などの病気かもしれませんが、大本の原因はこの排尿の不自然な習慣ではないか?と泌尿器科の先生も考えられているのです。

排尿時に「いきんで」いませんか?

頻尿の症状に悩まされている方々に共通していることが、おしっこの仕方にある共通点があるとされています。

それが「いきんで」おしっこをしているってことです。

おしっこをするときに「いきむ」ってことは、とてもよくない習慣です。

泌尿器科を受診されている患者さんの中では「え?おしっこするときって普通いきむものではないのですか??」とおっしゃられる方もいるようです。

頻尿ラボをお読みいただいている方の中にも、こう思った方は少なくないかと思います。

しかし、おしっこをするときは普通は「いきみ」ません。

イメージとしては、ただリラックスして「もうおしっこを出していいんだ」と思い、体の筋肉を緩めて解放感としておしっこをしている感じです。

いきんだりしないので、おしっこをしながら隣の人と話すことだってできますし、一人でしているときに「ふー」とため息を出すことだってできます。

また、排尿中も排尿後もスッキリして気持ちがよいので、おしっこは悩みではなく快感の一つです。

まずは、ご自身の排尿の不自然な習慣に気づきましょう。

おしっこはいきまないでするものです。

排尿の習慣が自然な方の場合、年をとっても頻尿の悩みがない方が多いです。

自分の中では自分の排尿習慣が自然だと思いがちです。

小さいころ学校でも「正しい排尿方法」なんて授業はありませんでしたし、大人になってから友人と「正しい排尿方法」について議論しあうことだってありません。

頻尿だと思い、すぐに薬に頼るのではなく、まずはこういったおしっこの習慣を見直すことも必要です。

「正しいおしっこ」と「間違えたおしっこ」の習慣とは

「正しいおしっこ」とは、自然体であり快感となるおしっこの習慣です。逆に「間違えたおしっこ」とは、不自然であり不快になってしまうおしっこの習慣です。

自分の現在のおしっこが「快感」なのか?「不快」なのか?

これは常に自分が続けてきたことなので判断するのが難しいと思います。

「快感」なおしっこを経験したことがない場合、自分のおしっこが「不快」だと気づくこともできません。

正しいおしっことは、出始めからだんだん勢いがよくなっていき、ピークに達するとだんだん弱くなっていき終わる流れです。

間違えたおしっことは、出始めからだんだんと勢いがよくなるのではなく、なかなか出始めなかったり、出始めてから急に勢いが強くなって、また勢いが弱くなって、って思ったらまた勢いが強くなるような感じです。

つまり、いきんでいるときにおしっこの勢いが強くなっているのですね。

おしっこの出始めからだんだんと勢いがよくなり、ピーク時を迎えてからだんだんと弱くなる。

これが正しいおしっこの習慣です。

おしっこはいきまないでするものですので、まずはこういった部分から自分のおしっこ習慣を見直していくことが、頻尿の解決にとても大切なこととなります。

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

おすすめ記事

1

正常 頻尿の疑い 頻尿 日中 4~7回 8~9回 10回以上 夜間 0回 1回 2回以上 一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。 頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされてい ...

2

頻尿といっても、その原因については大きく分けて7種類ほどあります。 膀胱が勝手に収縮する頻尿 細菌感染が原因の頻尿 炎症が原因の頻尿 残尿が原因の頻尿 心因性の頻尿 年をとり起こる頻尿 ガンが原因の頻 ...

3

頻尿とは、尿が近くなってトイレの回数が増えている状態をいいます。 日中8回以上トイレに行くようであれば昼間頻尿の疑いがあり、10回以上なら確実に昼間頻尿です。 また、夜中に1回でもトイレに行くために起 ...

4

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。 起きてしまう回数は1回なら、夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿と言われています。 今回は、なぜ起きている時 ...

5

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬(薬剤)が使われています。 こちらでは、頻尿の治療に使われる主要な薬を紹介したいと思います。 主な頻尿の薬 抗コリン薬 抗生物質(抗菌薬) 膀胱平滑筋弛緩薬 ...

6

頻尿になると、すぐトイレに行く癖ができてしまい、膀胱に少し尿がたまっただけで排尿してしまいます。 この行為により、膀胱に尿がたまる時間がなくなるため、膀胱自体が段々と小さくなってしまいます。 膀胱は伸 ...

7

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。 手術以外での頻尿の対策 頻尿の薬での対策 『頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法』 頻尿の体操での対策 ...

8

自分が頻尿だと思っても、病院での診察はなんだか恥ずかしい。。って気持ちで病院に行けないケースは多いです。 そもそも頻尿で病院に行くと、どのような検査をするのかも分からない場合が多いと思います。 今回は ...

9

「頻尿」と聞くと、年齢を重ねた女性に多い症状の様に感じるかもしれません。 しかし、頻尿は年齢・性別に関係なく誰にでも起こりうることであり、実際に若い男性や女性も頻尿に悩んでいます。 今回は、頻尿・尿漏 ...

10

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について今回はお話したいと思います。 私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱 ...

-頻尿の原因, 頻尿の改善への豆知識
-, , , , , , ,

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.