未分類

頻尿の対策「薬ではなく手術で排尿トラブルを改善する」

投稿日:

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。

今回は、頻尿の手術での対策についてお話していきたいと思います。

頻尿の症状だけで手術を受けることはそれほどありませんが、頻尿がさらに悪化した場合に受けるかもしれない手術を紹介します。

最近は手術の技術進歩や排尿トラブルを改善したいと積極的に考える人たちが増えている為、以前と比べると手術を受ける人も増えています。

前立腺を削る「経尿道的前立腺切除術(TURIP)」

男性の頻尿の多くが前立腺肥大症であり、大きくなった前立腺肥大症は、薬では根本的な解決にならない為、前立腺を削り取る手術を受けることになります。

この手術が、尿道から内視鏡を入れて前立腺を削る「経尿道的前立腺切除術(TURIP)」が主流になっています。

参照経尿道的前立腺切除術を受けられる方へ|東戸塚記念病院

TURIPでは、ミカンの中身だけを取るように、前立腺の中心部だけを中から削ります。

削る作業は1時間ぐらいですが、削っている最中は出血します。

なお、前立腺を削り過ぎてしまうと、尿漏れが起こることがあります。

また、内視鏡の手術の影響で尿道が炎症を起こして、尿道が狭くなってしまうこともあります。(尿道狭窄)

参考尿道狭窄症について

さらに、手術後は精液が尿道からでなくなりますので、性生活のある人は、こういったことを理解した上での手術が必要になります。

こういった話だけを聞くと、合併症もあり不安な気持ちになりがちですが、ほとんどの場合は問題なく終わります。

うまくいった手術のあとは、排尿の状態は見違えるほど良くなります。

「若返ったみたい!」「もっと早く手術をうければ良かった!」って声も多い様です。

経尿道的前立腺切除術(TURIP)の危険性

経尿道的前立腺切除術(TURIP)には、2種類の危険性があります。

TURIPの危険性

前立腺を直接切り込んで削るための出血

前立腺を十分に削ろうとし穴が開く可能性

前立腺を直接切り込んで削るための出血

小さい前立腺なら少しで済みますが、大きな前立腺は出血量はかなり多くなり、場合によっては輸血が必要になります。

この際、他人の血液はなるべく使いたくないので、本人の血液をあらかじめとっておき、手術の際に戻す自己血輸血が行われます。

参照自己血輸血とは:日本自己血輸血学会

ちなみに、出血は手術の時だけでなく、手術を終わってからも起こる場合があります。

これは手術当日の場合もありますし、手術後10~20日経った頃に起きる場合もあります。(場合に寄っては再手術が必要)

前立腺を十分に削ろうとし穴が開く可能性

前立腺を削るイメージは、ミカンの中身を削るってイメージと似ています。

ミカンの中身を削っていくうちに、皮に穴が開いてしまうってイメージです。

前立腺の手術では出血がありますので、術中は水を流して幹部を見える状態にしていますが、穴が開いてしまうと流している水がドンドン前立腺の外に出てお腹の中に入ってしまいます。

こういったことから、大きな穴が開いてしまった場合は、手術を中止する必要があります。

膀胱を広げる「膀胱拡大術」

膀胱を広げる「膀胱拡大術」は、膀胱の容量が極端に小さいことが理由で、頻尿や尿漏れになる場合に行われる手術です。

回腸や小腸を使って膀胱そのものを大きく作るのです。

膀胱拡大術は、非常に大がかりな手術になるため、他の手術や薬や電気刺激法でどうしても効果が十分でない人のみ対応されています。

電気・磁気刺激による治療

この治療は手術とはちょっと違います。

頻尿や切迫性尿失禁の中には、排尿をコントロールする神経のトラブルが原因になっている場合があります。

そこで、膀胱や尿道の神経に電気や磁気を当て刺激を与えて活性化させ、神経の働きを高めようとする治療です。

切迫性尿失禁で、薬での治療で十分な効果が得れない場合に、行われることが多い治療法です。

電気刺激装置は体内に埋め込んだり、持ち運びできたりするものが開発されていますが、磁気刺激装置は大型であるため通院が必要になります。

また、人口骨頭やペースメーカーを入れている人は治療できません。

電気刺激を行うと、治療当日から数日間、膀胱や尿道の神経が活性化するため、尿失禁などの症状が改善されるようですが、完全に治る率はそれほど高いとは言えません。

さらに、この治療法は海外では広く認識されていますが、日本では正式に認可されているものは殆どありません。

この治療が受けられる医療施設は限られています。

以下に電気・磁気刺激について記載されているクリニックを載せておきます。

頻尿の対策「薬ではなく手術で排尿トラブルを改善する」のまとめ

頻尿の対策として薬ではなく手術で治療する場合は、大きく分けて2種類ありました。

前立腺を削る「経尿道的前立腺切除術(TURIP)」

膀胱を広げる「膀胱拡大術」

手術には危険性があり、出来れば体操や薬・漢方・サプリで治したいってのが本音ですね。

また、手術ではなく治療法として電気・磁気刺激による治療もありましたが、日本では正式に許可が取れていないので医療施設も限定されてしまう状況です。

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

おすすめ記事

1

正常 頻尿の疑い 頻尿 日中 4~7回 8~9回 10回以上 夜間 0回 1回 2回以上 一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。 頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされてい ...

2

頻尿といっても、その原因については大きく分けて7種類ほどあります。 膀胱が勝手に収縮する頻尿 細菌感染が原因の頻尿 炎症が原因の頻尿 残尿が原因の頻尿 心因性の頻尿 年をとり起こる頻尿 ガンが原因の頻 ...

3

頻尿とは、尿が近くなってトイレの回数が増えている状態をいいます。 日中8回以上トイレに行くようであれば昼間頻尿の疑いがあり、10回以上なら確実に昼間頻尿です。 また、夜中に1回でもトイレに行くために起 ...

4

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。 起きてしまう回数は1回なら、夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿と言われています。 今回は、なぜ起きている時 ...

5

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬(薬剤)が使われています。 こちらでは、頻尿の治療に使われる主要な薬を紹介したいと思います。 主な頻尿の薬 抗コリン薬 抗生物質(抗菌薬) 膀胱平滑筋弛緩薬 ...

6

頻尿になると、すぐトイレに行く癖ができてしまい、膀胱に少し尿がたまっただけで排尿してしまいます。 この行為により、膀胱に尿がたまる時間がなくなるため、膀胱自体が段々と小さくなってしまいます。 膀胱は伸 ...

7

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。 手術以外での頻尿の対策 頻尿の薬での対策 『頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法』 頻尿の体操での対策 ...

8

自分が頻尿だと思っても、病院での診察はなんだか恥ずかしい。。って気持ちで病院に行けないケースは多いです。 そもそも頻尿で病院に行くと、どのような検査をするのかも分からない場合が多いと思います。 今回は ...

9

「頻尿」と聞くと、年齢を重ねた女性に多い症状の様に感じるかもしれません。 しかし、頻尿は年齢・性別に関係なく誰にでも起こりうることであり、実際に若い男性や女性も頻尿に悩んでいます。 今回は、頻尿・尿漏 ...

10

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について今回はお話したいと思います。 私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱 ...

-未分類
-, ,

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.