頻尿の原因 頻尿の薬・サプリ

過活動膀胱の薬・市販薬「過活動膀胱の原因・症状を知り治療する」

投稿日:

過活動膀胱とは、膀胱の筋肉が勝手に縮んでしまう膀胱の病気です。

こうした現象により、突然トイレに行きたくなり、とても我慢できない状態になります。(尿意切迫)

過活動膀胱の症状

過活動膀胱とは、尿がまだ膀胱にあまりたまっていないのに、トイレに行きたくなってしまう症状です。

通常、膀胱に尿がたまってくると、膀胱の筋肉である排尿筋が収縮をして排尿をする流れになります。

膀胱や排尿筋による排尿の流れについてはおしっこのメカニズム・膀胱(蓄尿)・尿道(排尿)についてで詳しくお話しております。

過活動膀胱では、文字通り「膀胱が活動し過ぎる」状態です。

つまり、膀胱にまだ尿があまりたまっていない状態でも、膀胱の排尿筋が収縮しだしてトイレに行きたくなってしまうのです。

過活動膀胱の主な症状は以下になります。

過活動膀胱の症状

尿をしたくなると我慢できない

尿を我慢できる時間が短い

すぐにしないと漏れそうになる

過活動膀胱のこういった症状により、慌ててトイレに駆け込むことになりますが、それでも我慢が出来ず漏れてしまう場合があります。(切迫性尿失禁)

また、早めにトイレに行くことにもつながり、トイレの回数が増えてしまいます。(頻尿)

過活動膀胱に悩まされている人は、決して少なくありません。

男性・女性・年齢別の過活動膀胱に悩む方々

最近の調査では、40歳以上の日本人の12.4%が過活動膀胱の症状を経験していることが分かっています。

これを実際の人口の割合で計算すると、810万人も過活動膀胱の症状で悩んでいると推定されます。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱の原因は、実は明確に分かっていないってのが現状です。

現段階で分かっていることは以下になります。

過活動膀胱の原因

脳・脊髄の神経系のトラブル

膀胱の内側の粘膜のトラブル

前立腺肥大症(男性)

原因不明の突発性(女性に多い)

脳・脊髄の神経系のトラブル

通常、脳と膀胱は脊髄の神経を通じて連絡を取り合っています。

膀胱に尿がたまると、膀胱は脳へ「そろそろいっぱいになりますよ」と信号を送ります。

この時、脳は膀胱へ「まだ、縮んでは(尿を出しては)いけませんよ」と信号を送り返し、尿が出ることを防いでいます。

もし、脳からこの信号が送られない、または脳からの信号が届かないって状況になると、膀胱は制御不能になってしまいます。

その結果、まだトイレに行かなくてもよいぐらいでも、頻繁にトイレに行きたくなってしまいます。

この状況が悪化すると、急な尿意に対応することができないので、尿漏れに繋がります。

排尿をコントロールする神経にトラブルを起こす病気

脳出血

脳梗塞

くも膜下出血

こういった脳血管障害が挙げられます。

脳血管障害の方の約半数に、頻尿や尿漏れは起きていて、特に手足に麻痺が出た場合には頻尿や尿漏れが起こる可能性が高くなります。

膀胱の内側の粘膜のトラブル

膀胱の内側は粘膜におおわれていて、今までこの粘膜は単純に尿を外に通さない様にする為、存在していると思われていました。

しかし、この粘膜にはたくさんの神経があり、膀胱のふくらみ(緊張)や刺激を感知しているそうです。

この神経が異常を起こすと、膀胱が過敏になり過活動膀胱になるとも考えられています。

前立腺肥大症(男性)

前立腺は男性にしかない臓器で、尿道の周囲を包むように存在しています。

中年以降の男性の約半数は、この前立腺の肥大が見られます。

こういった状況は、大きくなった前立腺が膀胱の出口や尿道を圧迫してしまったり、前立腺の神経が異常に活発になり前立腺を緊張させ、尿道を締めつけている場合もあります。

この症状により、尿が出にくい状況になります。

つまり、尿が出にくい状況なのに、膀胱は尿を出そうと常に無理をしていることになります。

この結果、膀胱の活動が異常に高まり、過活動膀胱になってしまいます。

原因不明の突発性(女性に多い)

ここまでに、脳血管障害などの神経トラブル・膀胱の粘膜のトラブル・中高年男性の前立腺肥大症が原因となる過活動膀胱についてお話しました。

しかし、最も過活動膀胱になる確率が高いのが、原因が特定できない突発性の過活動膀胱です。

この状態は、一般的に女性に多くみられています。

過活動膀胱の治療法・治療薬

過活動膀胱の治療は、主に膀胱の異常な収縮を抑える抗コリン薬での治療が一般的です。

もしくは、電気・磁気で膀胱や尿道の神経を刺激してはたらきを活発にさせ、排尿に対する動きを改善しようという治療もあります。

抗コリン薬

抗コリン薬は、もともとトイレに行くのが間に合わない症状「切迫性尿失禁」の治療のために作られた薬です。

日本で頻尿の治療薬として使われている抗コリン薬は複数種類があります。

抗コリン薬の種類

オキシブチニン(ポラキス)

プロピベリン(バップフォー)

ソリフェナシン(ベシケア)

トルテロジン(デトルシトール)

イミダフェナシン(ステーブラ、ウリトス)

大体は、飲みはじめてから1週間、長くても1ヶ月くらいで効果を感じることになります。

しかし、抗コリン薬の副作用は、つばが出なくなって口の中が渇く、便秘になるといった症状が現れる可能性があります。

参考頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法

電気・磁気刺激による治療

この治療法は、膀胱や尿道の神経に電気や磁気を当て刺激を与えて活性化させ、神経の働きを高めようとする治療です。

薬での治療で十分な効果が得れない場合に行われることが多い治療法です。

電気刺激装置は体内に埋め込んだり、持ち運びできたりするものが開発されていますが、磁気刺激装置は大型であるため通院が必要になります。

また、人口骨頭やペースメーカーを入れている人は治療できません。

参考頻尿の対策「薬ではなく手術で排尿トラブルを改善する」

過活動膀胱の薬(市販薬・漢方)

Titlodine(デトルシトールジェネリック)

症状 過活動膀胱
価格 1,941円
容量 1箱28錠
対象 男女兼用
有効成分の酒石酸トルテロジンを含有する過活動膀胱治療薬です。

尿の回数が増えたり、尿意を強く感じたり、無意識に尿が出たりする症状を改善します。

副作用が比較的少ないため、高齢者に対する第一選択薬です。

⇒Titlodine(デトルシトールジェネリック)の購入はこちら

過活動膀胱のガイドライン

あなたが過活動膀胱なのか、以下のチェックリストである程度判断ができますので、ご活用ください。

参考一般内科医のための高齢者排尿障害診療マニュアル(改訂版)

0点 1点 2点
朝、起きてから寝るまでに何回排尿をしましたか? 7回以下 8~14回 15回以上
0点 1点 2点 3点
夜、寝てから起きるまでに何回尿をするために起きましたか? 0回 1回 2回 3回以上
0点 1点 2点 3点 4点 6点
急に尿がしたくなり我慢が難しいことがありましたか? なし 週1回未満 週1回以上 1日1回 1日2~4回 1日5回以上
0点 1点 2点 3点 4点 5点
急に尿がしたくなり我慢できず漏らすことがありましたか? なし 週1回未満 週1回以上 1日1回 1日2~4回 1日5回以上

合計点数が5点以下は軽症、6~11点は中等症、12点以上は重症と考えられます。

過活動膀胱の薬以外での治し方

過活動膀胱の症状を薬以外でも自分で軽減させるために、以下のことをするのがおすすめです。

過活動膀胱の薬以外での治し方

水分摂取量を減らす

トイレの間隔を少しずつ伸ばす

骨盤底筋を鍛える

水分摂取量を減らす

当たり前のことに聞こえがちですが、普段の習慣が水分を取り過ぎの人が、現代社会では多いです。

喉が渇いていない時に摂取した水分は、すぐに尿に変わります。

トイレの間隔を少しずつ伸ばす

無理のない範囲で少しずつトイレの間隔を伸ばすのも、頻尿の対策としておすすめです。

膀胱に尿をあまりためない頻尿状態が続くと、膀胱が段々と小さくなってしまい尿をあまりためれない状態になってしまいます。

最初はトイレに行きたいって思った時から「1回我慢する」ってことから始め、その間隔をちょっとずつ伸ばしていくのがおすすめです。

骨盤底筋を鍛える

膀胱や子宮を支えている筋肉を骨盤底筋といいます。

この筋肉を鍛えるトレーニングを続けていると、次第に効果が現れます。

特に女性は要注意なのですが、出産をしたり年をとったり女性ホルモンが少なくなったりすることで、骨盤底筋がゆるんでしまいます。

骨盤底筋は膀胱や尿道を支えていますので、これがゆるんでしまうとくしゃみなどの僅かな衝撃でも尿道の締りがゆるんで尿漏れが起きてしまうのです。

参考頻尿の対策「膀胱の訓練・骨盤底筋の体操で尿道を締める!」

過活動膀胱の原因・症状のまとめ

過活動膀胱とは、尿意切迫感や頻尿などの症状を起こす、膀胱の機能障害です。

尿漏れを伴うこともあります。

原因には、脳や脊髄の神経に障害があって起こる場合と、神経には明らかな障害がなくて起こる場合があります。

後者には、前立腺肥大症や加齢などが関係していると思われますが、過活動膀胱の多くの場合は原因が特定出来ないことが多いのが現状です。

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

おすすめ記事

1

正常 頻尿の疑い 頻尿 日中 4~7回 8~9回 10回以上 夜間 0回 1回 2回以上 一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。 頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされてい ...

2

頻尿といっても、その原因については大きく分けて7種類ほどあります。 膀胱が勝手に収縮する頻尿 細菌感染が原因の頻尿 炎症が原因の頻尿 残尿が原因の頻尿 心因性の頻尿 年をとり起こる頻尿 ガンが原因の頻 ...

3

頻尿とは、尿が近くなってトイレの回数が増えている状態をいいます。 日中8回以上トイレに行くようであれば昼間頻尿の疑いがあり、10回以上なら確実に昼間頻尿です。 また、夜中に1回でもトイレに行くために起 ...

4

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。 起きてしまう回数は1回なら、夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿と言われています。 今回は、なぜ起きている時 ...

5

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬(薬剤)が使われています。 こちらでは、頻尿の治療に使われる主要な薬を紹介したいと思います。 主な頻尿の薬 抗コリン薬 抗生物質(抗菌薬) 膀胱平滑筋弛緩薬 ...

6

頻尿になると、すぐトイレに行く癖ができてしまい、膀胱に少し尿がたまっただけで排尿してしまいます。 この行為により、膀胱に尿がたまる時間がなくなるため、膀胱自体が段々と小さくなってしまいます。 膀胱は伸 ...

7

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。 手術以外での頻尿の対策 頻尿の薬での対策 『頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法』 頻尿の体操での対策 ...

8

自分が頻尿だと思っても、病院での診察はなんだか恥ずかしい。。って気持ちで病院に行けないケースは多いです。 そもそも頻尿で病院に行くと、どのような検査をするのかも分からない場合が多いと思います。 今回は ...

9

「頻尿」と聞くと、年齢を重ねた女性に多い症状の様に感じるかもしれません。 しかし、頻尿は年齢・性別に関係なく誰にでも起こりうることであり、実際に若い男性や女性も頻尿に悩んでいます。 今回は、頻尿・尿漏 ...

10

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について今回はお話したいと思います。 私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱 ...

-頻尿の原因, 頻尿の薬・サプリ
-, ,

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.