頻尿の原因 頻尿の対策

女性に多い急な尿意による失禁の原因「腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁」

投稿日:

おしっこの悩みは大きく分けて「おしっこが出て困る」(尿漏れ・失禁)と「おしっこが出なくて困る」(排尿障害)です。

女性と男性でおしっこの悩みは違う

「おしっこが出て困る」(尿漏れ)は女性に多く、「おしっこが出なくて困る」(排尿障害)は男性に多いです。

おしっこは基本的に出すものですので、どちらの悩みがより困るかと言えば、後者の「おしっこが出なくて困る」(排尿障害)かと思います。

尿が止まってしまうと、体の毒素が溜まっていってしまうためです。

かといって、「おしっこが出て困る」(尿漏れ)も社会的にはかなり困る問題です。

過活動膀胱は約800万人ものひとが頻尿で悩んでいて、男女関係なく60歳以上であれば3割の方が悩んでいる状況です。

こういった頻尿の悩み、尿漏れについては薬や治療法も進んできましたので治りやすいです。

薬などに頼る前に、骨盤底筋や膀胱のトレーニングで治る方も多くいらっしゃいます。

尿漏れの原因「腹圧性尿失禁」

尿漏れ失禁にもいろいろありますが、女性に多いのが「腹圧性尿失禁」です。

腹圧性尿失禁とは、クシャミ・セキなど急に腹筋に力を入れた際に失禁してしまう症状です。

通常であれば、急に腹筋に力が入り膀胱が圧迫されても(膀胱におしっこが溜まっていたとしても)漏れてしまうことはありません。

この理由は『頻尿の対策「おしっこを我慢している時の膀胱と尿道の働きを知る」』でもお話していますが、尿道括約筋の力も反射的に強くなるからです。

しかし、腹圧性尿失禁の方の場合、腹圧がかかった際におしっこを止めておく力が強くないので、尿漏れを起こしてしまいます。

女性に腹圧性失禁が多い理由

女性の骨盤内の臓器(膀胱など)は、骨盤の底にある筋肉によって骨盤内に支えられています。

しかし、この筋肉が衰えてしまうと、膀胱や尿道がお尻のほうに落ち込みます。

この状態でクシャミ・セキなどで急に腹圧がかかると、さらにこれが膣のほうまで落ちてきます。

その結果、尿道には圧がかからない状態になり、おしっこを止める尿道括約筋が締まらないのです。

男性の場合は、尿道括約筋・前立腺・尿道と3つの器官が関わっていますが、女性には前立腺はありません。

女性の場合は、尿道括約筋と男性よりも短い尿道の収縮だけで、おしっこを止めているのでこれらの筋肉が弱まると尿漏れのリスクが大きくなります。

尿漏れの原因「切迫性尿失禁」

クシャミ・セキなどをして尿漏れを起こしてしまう「腹圧性尿失禁」にちてお話しました。

しかし、この他にも尿意が起きると我慢ができず漏らしてしまう「切迫性尿失禁」という尿漏れもあります。

子供の場合はまだ成長過程なので、膀胱が小さいのでおしっこを溜めておける力があまりないので、漏らしてしまうことはあります。

しかし、大人の場合は一般的に膀胱に500mlはおしっこを溜めておけることができます。

最初に尿意を感じた時は、大体100~150mlのおしっこが膀胱に溜まっている状態です。

この状態は、膀胱と尿道括約筋がおしっこをせき止めてくれています。

300mlぐらいおしっこが溜まってくると、かなりトイレに行きたい状況になりますが、まだトイレを探す余裕はあるぐらいです。

膀胱のMAX値である500mlぐらいまでおしっこが溜まってくると、かなり危ない状況ですが大人なので「漏らしてはいけない」という強い意志があるので、ぎりぎり漏らさずに済むでしょう。

しかし、100~150mlのおしっこが膀胱に溜まっただけで、トイレまで間に合わずに漏らしてしまう症状が、切迫性尿失禁です。

切迫性尿失禁には2種類あります。

膀胱の収縮力が過剰な「切迫性尿失禁」

膀胱の収縮力が過剰な「切迫性尿失禁」のが一般的に多いです。

ちょっとのおしっこで膀胱が収縮してしまい漏らしてしまいます。

これは膀胱の過剰収縮が原因の切迫性尿失禁です。

この原因は不明と言われていますが、いきんでおしっこをしてしまう誤ったおしっこ習慣を改善させることにより、少しずつおこってくるものだとも言われています。

脳神経のトラブルによる「切迫性尿失禁」

上記の話とは別に、脳神経トラブルから起こっている切迫性尿失禁もあります。

こちらは、おしっこを我慢する筋肉群をコントロールする脳神経群のトラブルにより、漏らしてしまう症状です。

原因となっているトラブルに対処することが必要となります。

「切迫性尿失禁」と「腹圧性尿失禁」についてのまとめ

脳神経トラブルによる切迫性尿失禁でなければ、日々のおしっこ習慣の訓練だけでもかなり改善できます。

おしっこは本来300mlぐらい溜まってから、自然な膀胱の収縮により尿道括約筋がひらいて排尿に至る流れです。

しかし、普段から100ml~150mlぐらい溜まった段階で、いきんで(自然ではなく無理やり)おしっこを出す習慣がある方は、まずはこの習慣を改めることから始めましょう。

こういった習慣がある場合は、膀胱の風船が大きく膨らむ(尿を溜める)ことがありませんので、段々と膀胱の筋肉が硬直して皮が厚くなってしまい、膀胱の柔軟性が失われていきます。

治療では、膀胱の収縮を抑える「抗コリン薬」が使われますが、薬なしで尿をしっかり溜めてからトイレに行く習慣を身につけることも大切です。

切迫性尿失禁は、脳卒中などの後遺症・パーキンソン病など、脳神経系のトラブルや脊柱管狭窄症のような整形外科的疾患が原因でなければ、日々のおしっこ習慣の訓練だけでかなり改善できます。

腹圧性尿失禁についても「骨盤底筋を鍛えるトレーニング」がおすすめですので、日々取り組める内容なので是非試してみてください。

頻尿対策におすすめなサプリ

【女性におすすめ】 ナチュラエース

女性におすすめサプリNO1は、飲み物で有名なDyDoが開発した【ナチュラエース】です。

イソサミジンで膀胱周りをリラックスさせ、海外で薬用とされるカボチャ種子エキスで女性のデリケートな困りごとをサポート。

初回2,999円でその後も3ヶ月は30%OFFで購入可能。

【男性におすすめ】 やわた ノコギリヤシ

男性におすすめサプリNO1は、ノコギリヤシエキスが320㎎配合されている【やわた ノコギリヤシ】です。

ノコギリヤシで尿の切れや不眠解消をサポート!やわたのノコギリヤシは、フロリダの大自然のノコギリヤシ100%です。

価格も2,160円でとてもお手頃価格なのでおすすめです。

おすすめ記事

1

正常 頻尿の疑い 頻尿 日中 4~7回 8~9回 10回以上 夜間 0回 1回 2回以上 一言に頻尿といっても、「昼間頻尿」「夜間頻尿」と症状は様々です。 頻尿の悩みとしても、ひどい尿意に悩まされてい ...

2

頻尿といっても、その原因については大きく分けて7種類ほどあります。 膀胱が勝手に収縮する頻尿 細菌感染が原因の頻尿 炎症が原因の頻尿 残尿が原因の頻尿 心因性の頻尿 年をとり起こる頻尿 ガンが原因の頻 ...

3

頻尿とは、尿が近くなってトイレの回数が増えている状態をいいます。 日中8回以上トイレに行くようであれば昼間頻尿の疑いがあり、10回以上なら確実に昼間頻尿です。 また、夜中に1回でもトイレに行くために起 ...

4

夜間頻尿とは、寝ている間にトイレに行きたくなって起きる状態のことを言います。 起きてしまう回数は1回なら、夜間頻尿の予備軍って段階ですが、2回以上は夜間頻尿と言われています。 今回は、なぜ起きている時 ...

5

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬(薬剤)が使われています。 こちらでは、頻尿の治療に使われる主要な薬を紹介したいと思います。 主な頻尿の薬 抗コリン薬 抗生物質(抗菌薬) 膀胱平滑筋弛緩薬 ...

6

頻尿になると、すぐトイレに行く癖ができてしまい、膀胱に少し尿がたまっただけで排尿してしまいます。 この行為により、膀胱に尿がたまる時間がなくなるため、膀胱自体が段々と小さくなってしまいます。 膀胱は伸 ...

7

頻尿になってしまう原因はいくつかあり、頻尿の改善策もいくつかあります。 手術以外での頻尿の対策 頻尿の薬での対策 『頻尿の薬「抗コリン薬・抗生物質」頻尿の原因により変わる治療法』 頻尿の体操での対策 ...

8

自分が頻尿だと思っても、病院での診察はなんだか恥ずかしい。。って気持ちで病院に行けないケースは多いです。 そもそも頻尿で病院に行くと、どのような検査をするのかも分からない場合が多いと思います。 今回は ...

9

「頻尿」と聞くと、年齢を重ねた女性に多い症状の様に感じるかもしれません。 しかし、頻尿は年齢・性別に関係なく誰にでも起こりうることであり、実際に若い男性や女性も頻尿に悩んでいます。 今回は、頻尿・尿漏 ...

10

自分が頻尿かも?って思ったりしないと普段はあまり気にしない「おしっこ(蓄尿・排尿)のメカニズム」について今回はお話したいと思います。 私たちは普段、当たり前の様にトイレを使っていますが、実は脳から膀胱 ...

-頻尿の原因, 頻尿の対策
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 【頻尿の薬】頻尿(尿漏れ)の原因・対策を知り治療する|頻尿ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.